ローン返済中の処分

リビングルーム

夫婦で住宅を購入した場合、妻が連帯保証人となって住宅ローンを利用している人が多くいます。 しかし、何らかの理由で離婚となった場合、住宅問題はきちんと解決しておくことが重要になります。 もしもそのままにしておくと、元夫が住宅ローンの返済を滞納していた場合、連帯保証人である元妻に請求がきてしまいます。元妻も支払いが困難な場合は、競売や任意売却などの方法で売却するしかありませんが、多くの場合、住宅を手放したあとも借金は残ってしまいます。 そのようなことにならないように、離婚の際には、住宅ローンを組んでいる銀行等に連帯保証人の差し替えの相談をしたり、差し替えができない場合は別の銀行等に変えるなどしておいた方が無難です。

住宅を購入する人の多くは住宅ローンを利用していますが、景気が不安定で給料が下がってしまったり、病気などで収入が無くなってしまって住宅ローンが払えなくなってしまう人も多くいます。 住宅ローンを一定期間滞納してしまうと競売にかけられることになりますが、競売の前に任意売却をする方がメリットが大きいため、任意売却をサポートする会社が多くあります。任意売却は不動産会社が仲介となって買い手を探しますが、買い手が付かない場合は不動産会社で買取りをしてくれるケースもあります。 一般的に競売は市場価格よりもかなり安い価格で取引きされますが、任意売却の場合は市場価格に近い価格で売却が出来るので、債権者、債務者双方にメリットがあります。