購入価格の知識

マンションの外観

注文住宅は一般的に分譲住宅よりも高額とされています。これはそれぞれの住宅の購入形態の平均価格を比較した際に出ている数値でも注文住宅のほうが数百万円高いという結果が出ています。しかし住宅購入における価格というのはあまり参考になりません。実際に注文住宅でもローコスト住宅や超ローコスト住宅と呼ばれる住宅も販売されています。ローコストじゅうたくとは30坪程度の住宅で1,000万円台で建築できる住宅を指します。坪単価に直すと30万円台から40万円台前半程度の価格で建築できる住宅です。一方で超ローコストじゅうたくとは30坪程度で1,000万円を切る価格で購入できる住宅のことを言います。こうした住宅の多くはハウスメーカーやハウスビルダーから提供されこうした会社の注文住宅は自由度が小さいとは言えますが、その反面低価格で購入することができるのです。

注文住宅を建てる時にまず気になるのが価格ではないでしょうか。インターネットで検索しても平均価格や相場に関する数値をたくさん見つけることができます。しかしこうした数値をよく見てみるとサイトによって数百万円の差があることも珍しくありません。これは集計の仕方が異なるからといえます。集計した対象が異なるだけでこれだけ差が出てくるのです。住宅購入の平均価格がいかにあてにならないかということが分かります。とはいえほとんどの人にとって住宅建築は初めての経験です。ですからどのくらいかかるものなのかを知る上では参考にできる数値といえます。しかし注文住宅の場合全く同じ住宅はないといってもよいでしょう。ですから価格もあくまでも参考に過ぎないのです。実際には条件を同じにして複数社に見積もりを取ることで自宅の建築費用の相場を判断するのです。