査定や調査の知識

マンションの外観

不動産を売却する場合に売主として最大の関心ごとはその不動産がいくらで売れるかということではないでしょうか。 不動産を査定する場合には大きく分けて2種類あります。一つがインターネット上でできる査定です。これを簡易査定と言ったりしますが、この簡易査定はその不動産がある住所や過去の取引事例、市場の動向を調べて計算します。簡易査定の良いところは気軽に査定ができるところです。ただ、簡易査定の欠点はその不動産の状態など細かい点は考慮されておらず、アバウトなところです。 これに対してより具体的に査定をする方法があります。これが実査定というものです。実査定は、実際に業者に来てもらいその不動産の状態を見て判断してもらいます。

実査定の良いところは、内装やその立地、眺望、日照などのより具体的な点を含めて査定額が出る点です。デメリットは手間暇がかかる点です。 実査定の時に注意をしなければならないのは、評価額よりも高めに査定が出ることがある点です。例えば評価額が2000万円なのに実査定が2500万円と出ることがありますが、実際に売る場面で2500万円で売れるかというとそんなことはありません。 実際に売れるのは評価額かそれよりも少し下の額になるはずです。では、なぜ2500万円という評価額よりも高い数値が出たのでしょうか。それは、その不動産を業者が扱いたいからです。売主の心理としてはできるだけ高い評価額を出す会社に仲介をお願いするはずです。ですが、どの業者でも売る時の価格に差は出ません。